横浜市石川町で姿勢も良くなるO脚矯正の施術が評判の整体院

もとまち整体院


坐骨神経痛。

院長の大屋晋一です。今日は、坐骨神経痛についてのお話しです。坐骨神経痛とは症状名(病態)であって、坐骨神経痛という病気があるわけではありません。

坐骨神経とは、腰部から臀部、大腿後面、ふくらはぎを通り足までを支配する、人体のなかでも特に太くて長い神経です。

この神経に沿うように出る痛みやしびれを、坐骨神経痛と呼びます。

もとまち整体院で用いるトリガーポイントの考えに基づいてこの『坐骨神経痛』を解釈しますと、以下のようになります。

運動不足やストレス、寒冷刺激等の要因により、腰部の筋肉、特に腰方形筋に硬結やトリガーポイントが多くなると、痛みを生じるとともに(腰痛症状)、腰椎の柔軟性・可動性が低下します。

このとき、臀部の筋群や、ハムストリングの筋肉にも負担をかけることとなります。

こうした状態が進行すると、殿筋やハムストリングもガチガチに硬くなります(たとえば、ぎっくり腰が発症したばかりの時点でよく見られます)。

結果、お尻の筋肉である梨状筋も、硬結点やトリガーポイントを形成するようになり、坐骨神経痛(と呼ばれている痛み)を引き起こすことにつながります。

簡単に言えば、お尻の筋肉のコリがトリガーポイント化し、そこからの関連痛として出ている『坐骨神経痛』が、もとまち整体院でよくみられるケース、といえます。

『坐骨神経痛』は、その背景には慢性的な腰痛症状(あるいはその前段階としての腰部・背部の筋肉や関節の硬結等による可動性・柔軟性の低下)があることが多いことから、もとまち整体院のトリガーポイントセラピー、CMT(関節矯正操作)等の施術がそのまま適用できます。

事実、有名な大病院の整形外科で、『脊柱管狭窄による坐骨神経痛だから、ひどければ手術しかありません』といわれていたかたで、もとまち整体院のトリガーポイント施術で症状が無くなっていくというケースは、少なくありません。

※施術効果には個人差があります。
dsc01616.JPG

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

もとまち整体院のご案内

住      所:
〒231-0868神奈川県横浜市中区石川町1-12プラザセレス石川Ⅱ401
アクセス:
JR京浜東北線石川町駅南口(元町口)より徒歩1分、みなとみらい線元町・中華街駅(元町口)より徒歩9分
お問い合わせ・ご予約
0120-126-222
受付時間:
平日 9:30~20:00  
土日・祝日 9:30~17:00
定休日:
火曜日・年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ