横浜市石川町で姿勢も良くなるO脚矯正の施術が評判の整体院

もとまち整体院


気付けば、腰痛を忘れている。

20160318_01_002.JPG
もとまち整体院に腰痛で来られるかたのなかには、先に病院(整形外科)に行き『腰部椎間板ヘルニア』の診断を受けました、という人がいます。

もしそのかたが初めて腰痛で病院にかかった場合なら、てっきりその『ヘルニア』という骨の異常が今の腰痛の原因だと思い込んでしまっても、おかしくありませんね。

ところが、国際腰痛学会の論文(1995年)によれば、健常者(腰痛の自覚の無い人)の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が見つかった、とされています。

これは、椎間板ヘルニアが腰の神経を圧迫して痛みが出るとしてヘルニアを腰痛の原因とする説(=現代日本の整形外科で一般的な説。骨等の、構造の異常に注目する)と、整合性を欠きます。

普通の腰痛の全く無い状態でも、8割近くの人にヘルニアが認められるのであれば、これはもう、『椎間板ヘルニアが無い方が異常』(!)とすら言えそうですね。

つまりそれほど『腰部椎間板ヘルニア』はよくある状態なので、腰痛の時に画像診断を受けてそう言われたとしても、何らビックリすることではありません。
 
逆に、MRIやレントゲンといった画像上で何ら異常が認められないのに、腰部に痛みを感じたり、『坐骨神経痛』を訴える人もいます。
 
こうしたことは、従来から言われてきた、神経の圧迫や骨の形の異常が腰痛の原因になっているとする説に無理があることを示しています。
 
もとまち整体院で用いるトリガーポイント療法では、上に述べられているような『構造の異常』説からいったん離れて、筋肉の中のトリガーポイントに注目して施術を行ないます。
 
たとえば腰痛では、腰方形筋や脊柱起立筋、そして腰痛の代償として硬くなりやすい臀部やハムストリングスの筋肉のトリガーポイントを探し、解除していきます。
 
痛みやしびれの原因となる筋肉の硬結・トリガーポイントが取れて来ると、関節の動きも良くなり、姿勢も良くなります。そして運動も、しやすくなります。
 
腰痛をことさら怖がらないことが、大切です。痛みの急性期であっても、動かせる範囲では少しずつストレッチで腰部を動かしていくこと(コチラでアドバイスいたします)。
 
動かすことで、血流も改善して発痛物質も流されて行きます。酸素や栄養分の良好な供給につながります。
 
そんななかで、いつのまにか『気付けば、腰痛を忘れている』状態が定着していくのです。『ヘルニア』や『神経の圧迫』は、いったん忘れてしまいましょう。(お)

※施術効果には個人差があります。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

もとまち整体院のご案内

住      所:
〒231-0868神奈川県横浜市中区石川町1-12プラザセレス石川Ⅱ401
アクセス:
JR京浜東北線石川町駅南口(元町口)より徒歩1分、みなとみらい線元町・中華街駅(元町口)より徒歩9分
お問い合わせ・ご予約
0120-126-222
受付時間:
平日 9:30~20:00  
土日・祝日 9:30~17:00
定休日:
火曜日・年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ