横浜市石川町で姿勢も良くなるO脚矯正の施術が評判の整体院

もとまち整体院


膝の痛み(膝痛)の、一つの事例。

昨年末からもとまち整体院に通い始めた、80代の女性。膝の痛みは足かけ3年に及ぶが、整形外科に通院して定期的に痛み止めや湿布をもらって、激痛を我慢してきた。

膝痛のレベルがさらに上がったのはここ数ヶ月。途方に暮れていたところ、『整形外科で良くならない痛みも、ぜひご相談ください』と書いてあるこちらのパンフレットを入手して、来院。

当整体院での施術の方針やトリガーポイントにアプローチするという方法論を説明。多くの来院者のご感想文もご覧になり、納得したご様子で初回の施術予約をされたうえで、後日来院された。

整形外科の診断名は、『変形性膝関節症』。加齢等に伴う退行変性により骨の変形が生じていて、それにより痛みが生じているという説明を受けてきたそう。

ただ、見た目にも下腿の骨の変形が認められるも、担当医師は(患者さんの高齢を慮ってか)強くは手術を勧めて来ないのだそう。

もとまち整体院では、こうした骨の変形という『構造異常』に疼痛の原因を求めることは一旦おいておき、『トリガーポイント』(痛みの『引き金点』)に注目して『筋肉』に施術していくんですよ、とご説明した。ご本人からも、『これまで病院では(治療として)やれること全てやってきて良くならなかったので、こちらでおせわになります』との申し出をいただき、施術を開始した。

2回目の施術では、『(初回の施術のあと、)左脚がだいぶ楽になったので、右脚(患側)の痛みも以前よりは和らいで、何とか我慢できる程度になってきました』との感想であった。

その後、数回の来院・施術、ホームストレッチを経てこの方は両方の膝の痛みが『だいぶ軽くなり』(本人談)、痛みの軽減後のメンテナンスとしてこちらに定期的に通院されている。

この女性には無かったが、変形性膝関節症のケースでは、痛みの増大や長期化に伴い手術を勧められることもあるようですね。

膝の手術を検討するその前に、『筋肉』のトラブルからこの痛みが来ているのではないか、という方向に意識を向けられるかどうか。痛みと機能不全から解放される、小さくはない判断基準の分かれ目、きっかけとなると思います。(お)
20170106002.jpg
※施術効果には個人差があります。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

もとまち整体院のご案内

住      所:
〒231-0868神奈川県横浜市中区石川町1-12プラザセレス石川Ⅱ401
アクセス:
JR京浜東北線石川町駅南口(元町口)より徒歩1分、みなとみらい線元町・中華街駅(元町口)より徒歩9分
お問い合わせ・ご予約
0120-126-222
受付時間:
平日 9:30~20:00  
土日・祝日 9:30~17:00
定休日:
火曜日・年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ