横浜市石川町で姿勢も良くなるO脚矯正の施術が評判の整体院

もとまち整体院


片頭痛とその原因

20240531004.jpg

院長のおおやです。今日は、もとまち整体院でも訴えの多い片頭痛についてお伝えしていきます。


■片頭痛とその原因
片頭痛は、頭の片側に限局して激しい痛みが生じる症状です。この痛みは、頭部の血管が異常に拡張し、その結果として周囲の神経組織が圧迫されることにより引き起こされます。
片頭痛は単なる頭痛以上のものであり、患者にとっては日常生活における大きな障害となることがあります。
この種の頭痛は、明るい光や音に敏感になることが特徴的であり、時には吐き気や視覚異常を伴うこともあります。

■食生活の見直しと生活習慣の調整
片頭痛を管理する上で、食生活は非常に重要です。
特定の食品には片頭痛を誘発する可能性があります。
例えば、カカオマスを多く含むチョコレートやココア、タイロシン(※下記)が豊富なチーズやピクルス、そして人工甘味料に含まれるグルタミン酸ナトリウムは避けるべきです。
また、アルコール、特に赤ワインやビールも片頭痛のトリガーとなり得ます。赤ワインに含まれるポリフェノールが血管を拡張させる作用があるためです。
さらに、血糖値の急激な変動も片頭痛を誘発することが知られていますので、食事は均等に摂取し、ドカ食いを避けることが推奨されます。

■当整体院のアプローチとカイロプラクティックの利点
片頭痛だけでなく、筋緊張による緊張型頭痛との区別が困難な場合もあります。
そのような場合には、トリガーポイント療法を用いて痛みを軽減することが可能です。
トリガーポイント療法は、特定の筋肉内の敏感な点を緩和させることにより、痛みを和らげる効果が期待できます。

さらにカイロプラクティックの関節矯正は、交感神経と副交感神経のバランスを整えることにより、自律神経の機能を正常化し、片頭痛の改善に寄与します。

もし現在頭痛に悩んでいる場合は、ぜひもとまち整体院までご相談ください。
施術による改善は個人差がありますが、多くの方々がこの方法で症状の緩和を体験しています。


(注)※タイロシンとは
→タイロシンは、アミノ酸の一種で、人間の体内で重要な役割を果たしています。タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうちの一つであり、体内で自然に合成されるほか、食事からも摂取することができます。
タイロシンは、ノルアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質の前駆体として、また、甲状腺ホルモンの合成にも不可欠です。これらのホルモンや神経伝達物質は、気分、集中力、代謝、そして全体的な神経系の調節に関与しています。

食品では、チーズ、牛肉、豚肉、魚、卵、ナッツ、豆類など、タンパク質が豊富な食品に多く含まれています。ただし、片頭痛の人はタイロシンを多く含む食品がトリガーとなることがあるため、摂取量に注意が必要です。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

もとまち整体院のご案内

住      所:
〒231-0868神奈川県横浜市中区石川町1-12プラザセレス石川Ⅱ401
アクセス:
JR京浜東北線石川町駅南口(元町口)より徒歩1分、みなとみらい線元町・中華街駅(元町口)より徒歩9分
お問い合わせ・ご予約
0120-126-222
受付時間:
平日 10:30~20:00  
土日・祝日 10:30~17:00
定休日:
火曜日・年始

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ